日蓮宗仙道山勝嚴寺

日蓮宗仙道山勝嚴寺

宗祖日蓮大聖人直筆大曼荼羅御本尊格護 如来滅後後五百歳始 法華精進道場

勝嚴寺は、法華経を信仰の根幹に据え、祈祷修法・回向供養・相談鑑定等を通じて智慧の完成を目指す精進道場です。

釈尊出世の本懐である法華経と、その一切が集約される南無妙法蓮華経の題目の流布により、一切衆生を救済しようとする教団が日蓮宗です。

日蓮宗の最高経典である法華経には、どのような人でも佛となる種が備わっており、そしてその根本は、はるか無限の過去に悟りを開いた久遠実成の佛であり、人間のみならず、全ての生きとし生けるもののいのちとつながっていることを説いています。

この真理を深く悟り、生活の中で実践することにより、社会全体が妙法に帰依して平和な佛国土が顕現することを目的とします。

勝厳寺境内に納骨を希望する方

勝厳寺では下記の3種類の祭祀の方法があります。いずれかの納骨方法をお選びください。

墓

勝厳寺境内に墓碑を建立し、
そちらに代々納骨していく方法です。

 納骨堂

納骨堂

勝嚴寺西側境内にある納骨堂に
納骨する方法です。

無縁精霊墓

無縁精霊墓

勝厳寺境内南端にある無縁精霊永代供養墓に合葬する方法です。依頼者が必ずしも勝嚴寺の護持会員である必要はありません。

詳しく見る

お電話によるお問い合わせ

お電話でのお問い合わせの際は
下記番号迄お願いいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。
0952-72-2788

メールによるお問い合わせ

メールでのお問い合わせの際は
下記より、お問い合わせフォームへお進み下さい。
お問い合わせ

お知らせ

よくある質問

他宗のお寺の檀家ですが、お参りしてもいいのですか?
大歓迎です。
信仰はご自身の問題です。昔からウチは○○宗だから、と無批判で伝統を継承するのではなく、自分自身で見て、聞いて、学んで、経験して、肌で感じて、自分自身で選択してください。 きっかけは、友達に勧められたから、とか、ちょっと交通安全のお守りをもらいに、などの軽いものかもしれません。しかし、それらの全てが必要なお導きなのです。
勝嚴寺の檀家になりたいのですが、どうすればいいのですか?
勝嚴寺護持会員規約に同意してもらえばいつでも可能です。
檀家は本来スポンサーという意味です。主たる義務は月1,500円(墓地・納骨堂を購入されない場合は1000円)の会費の納入と積極的なイベント参加で、それ以外は特にありません。
妻の実家の継ぎ手がいません。うちの仏壇に位牌を入れてもかまいませんか?
場合によっては可能です。
われわれ日蓮宗徒の御本尊である十界曼荼羅は、いわば大宇宙の生命の全てを包括した、圧倒的な存在です。そんな曼荼羅の中に人間の魂がひとつかふたつ増えたりしたところで、大宇宙界の総体としては何の違いもない。お祀りする側の意識をそこまで高めて回向ができるならば全く問題ありません。

ただし、御先祖を守っていく義務を放棄したいというような後ろ向きな動機での合祀ならあまり感心できません。
頻繁にお寺にお参りができないくらい遠くに引っ越すことになりました。
その地域の日蓮宗寺院をご紹介します。
ただし、同じ日蓮宗寺院でも、地域の風習や住職の考え方の違いにより、だいぶ勝手が違うこともあります。その点をご了承ください。
檀家をやめて、別の宗派の寺へ移りたいのですが。
お寺に遠慮はいりません。
日本の憲法には信教の自由が定められており、お寺が檀信徒の脱退を妨害したりなどということは絶対にありません。信者が離れていくのは、世にもすばらしい妙法蓮華の教えを充分に伝えきれなかったわれわれの責任です。われわれももっと頑張ります。
なお、いわゆる『離檀料』などは一切ありません。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。